辛い腰痛は予防が大切!基本的な対策方法とは?

筋肉をほぐして対策する

腰痛は日本人に多い症状だと言われていますが、痛みに苦しんでいる人もきっと多いでしょう。腰痛が起こると歩くのも立つのも困難となり、症状が酷い場には、起き上がる事もできなくなると言われています。このような事が起こらないように、普段から腰痛対策を心掛けましょう。腰痛が起こる原因に、筋肉のコリやハリがあります。長時間同じ姿勢でいることが多い人や、力仕事をしている方は注意が必要でしょう。腰の筋肉が硬くなると、血行が悪くなり老廃物がたまります。そのまま放置してしまうと、ぎっくり腰になる恐れもあるんですよ。腰がはっていると感じたら、ストレッチを行うようにしましょう。うつ伏せに寝て上半身を起こしてそらせたり、仰向けに寝て片足を曲げて反対側にクロスさせます。難しい動きはないため、誰でも簡単にできますよね。

骨盤の歪みを改善して対策する

腰痛の原因は人によって異なっていますが、実は骨格のずれから起こっている事もあります。骨盤は私達の身体の中心にあり、背骨や内臓を支えているのですが、様々な要因によって歪みが出てしまうんですよ。女性であれば出産の後、また座る時に足を組むなど生活の癖、他にも運動不足による筋力低下などによって、骨盤は歪んでしまいます。骨盤が歪むと左右のバランスが悪くなり、血行不良や部分的に負担がかかることによって、腰痛が出てしまうと考えられています。対策として、整体院やカイロプラクティックで骨盤矯正を受ける、足を組むなどの癖を改善する、ストレッチで自分で矯正するなどの方法があります。骨盤の歪みは自分ではわかりにくいので、最初は整体師さんなど専門家に相談した方が安心ですよね。

腰痛の名古屋で治せる病院は複数あり、市内には根本治療やヘルニア治療など専門性が高い病院も多いという特徴があります。