合宿で免許が取れる!合宿免許のメリットとデメリット

メリットは短期間で免許取得ができること

合宿免許は、自動車学校の指定の旅館や併設の宿泊施設に宿泊しながら、自動車免許の取得を目指すものです。自宅近くの教習所に通う場合、自分で予約を摂って指定の時間に行って教習を受けるというケースも多く、自分の都合に合わないタイミングしか予約が取れなかった場合にはだんだんと免許取得までの期間が長期化してしまいます。合宿免許の場合には優先的に教習の予約を入れることができますので、教習をスタートしてから2週間程度で免許が取得できるケースも少なくありません。費用も安くなることが多く、宿泊費や交通費、食費などが含まれていても自宅から通うよりも安いこともあります。

デメリットは免許取得後にも

合宿免許は地方で行われます。そのため、教習が入っていない空き時間にちょっと時間をつぶそうと思っても、近くに何もないということも多く、空いた時間の過ごし方に苦労してしまうことがあります。また、合宿免許は多くの人が集まっていますので、人間関係に苦労してしまうケースもあります。

デメリットがあるのは教習期間中だけではありません。地方で行われる路上教習は、交通ルールは日本全国同じもの「であっても交通量や道路の状況が都市部とは全く違います。2車線、3車線の道路での教習が無かったり、細かく入り組んだ道に入ったことがないままで教習所を卒業してしまうこともあるため、あっさりと免許は取れてしまった、と喜んでいると、実際に自宅に帰って車を運転する際に交通量や道路状況の違いに戸惑ってしまうこともあります。

合宿免許は、泊り込みで自動車免許やバイク免許の取得を目指すので、自動車学校に通うよりも早く免許を取得することができます。