半世紀による目覚しい進化!CADの昔と今

3DCADの登場で変わるビジネスシーン

CAD(Computer Aided Design)は、製図を必要とする企業にとって、必要不可欠な手段となっています。その技術はさらなる進化を遂げており、3DCADなど革新的なものが現れています。CADという製図手法が登場してから約半世紀が経ちましたが、当初は導入コストが多額なため、限られた企業しか扱えませんでした。また、メインフレームとしてもハイスペックが求められたので、世界的にみても一部のエンタープライズに限られていたわけです。それが今では、中小企業を含めた多くの企業で導入されており、設計段階の製図をはじめ、プレゼンテーションのデモンストレーションなど、幅広いシーンで活用されています。

最新のCAD事情について

現在、中小企業や中堅企業、そして大企業を問わず3DCADシステムの利用が拡大しており、従来の2Dと比べると図面の内容の視認性が格段に高まっています。また、3DCADデータを軽量化する技術も開発されており、一般的なスペックのパソコンでも充分動作できるようになっています。さらに、レーザースキャナを使うことで、収集した点群データから手書きに頼らず図面を作成する事も可能です。CADソフトの最新事情としては、クラウド上でデータ共有できる機能を備えており、複数の関係者による共同作業を可能にしています。加えて、WebブラウザベースのCADシステムでは、タブレットやスマートフォンからもアクセスすることが出来ます。今後のCADは、さらに支援技術が発達し、誰もが簡単に使えるものになると予想されます。

電気CADとは、電気設計に特化したコンピュータによる設計支援ツールのことで図面の作成の他、原価計算も可能です。