パソコンで図面が描ける!?CADについてのあれこれ

CADって一体なに?

CADというのは、パソコンで図面を描くためのソフトのことです。

昔は図面を描くといえば、製図台という角度のついた机で定規などを使い描いていました。今でも使われている人もいますね。

皆さんも設計士といえばそういう場面を想像するのではないのでしょうか?

ですが、今はCADのおかげでパソコンで図面が描けるようになっており主流になっています。

CADのここが便利!

パソコンで製図ができるCADには手書きと違い色々便利なことがあります。なので、図面など描きたい製図について学びたいという方はCADの使い方を勉強するのがいいと思います。

それでは、CADの便利な点ですが、

その1誰でも綺麗な線を描ける!

手書きの場合人によって線の太さや濃さが違いますし、同じ図面上でも太さや濃さが違ったりして分かりづらいことがありますが、CADなら設定で太さや濃さを決められるので誰でも均一の線を引くことができます。

その2修正が簡単にできる!

CADでも手書きでも、間違えた時は修正が必要です。ですが手書きだと消しゴムで消し書き直すと、消した跡が残ったり消しカスが出たりしますよね。CADなら消した跡も残りませんし、ゴミも出ません。間違えて描いた線ならすぐに消せます。

その3保管・管理について

CADで作成した場合は手書きと違い、データで保存できるので場所を取らずまた必要な時に印刷出来るのでとても便利です。ですがデータ保存する場合はパソコンの故障等で完全消滅する恐れがあるので、バックアップを取っておくことをおすすめします。

最後にCADと手書きどちらがいいのか

最近はCADデータで、原本をお客様に渡すことが多いので、個人的にはCADを勉強することをおすすめします。

水道CADは間取りに合わせて配管の図面を作成するツールです。パーツを選び配置するだけで作成が可能です。また作成したものから立面・断面図を自動作成してくれたり、パーツの見積もり書まで出来る物もあります。