パソコン作業が原因の辛い肩こりは整骨院のマッサージで解消

パソコン画面をのぞき込む姿勢に要注意

パソコン作業が長時間に及ぶと、首や肩に痛みを感じる人はたくさんいるとおもいます。パソコン作業中はキーボードを打つために腕を前に出した状態になってしまいます。この姿勢は腕と同時に肩も前に出てしまい、時間と共に頭全体も前のめりになってしまいます。肩や頭が体の前方に突き出してくると肩甲骨が背中に張り付いてしまい、肩甲骨と付着する筋肉の可動域が極端に狭くなってしまいます。肩甲骨と背中の間の隙間もなくなってしまい背中全体の筋肉が硬直し始め、硬直した筋肉毛細血管を圧迫することで首・肩周辺の血流も悪くなってしまうのです。この状態を放置していると首・肩のこりが悪化するのは当然のこと、後頭部から頭全体の血流も悪くなってしまう可能性があります。酸素を運ぶ血液の流れが悪くなってしまえば頭部全体に十分な酸素が行き渡らなくなり、軽い酸欠のような状態から頭痛や吐き気などの症状を引き起こす可能性もあるのです。

首や肩の筋肉が固まり始めたら整骨院でマッサージを

首や肩の筋肉が硬直し始めこりがひどくなってしまうと、放置しているだけではなかなか改善することはありません。このような状態になってしまったら整骨院に通院し、患部のマッサージをしてもらうようにしましょう。特に肩甲骨周りの筋肉の硬直を緩和させてもらうだけで背中から上の血流が改善され、首や肩の不快感もかなり解消されるでしょう。定期的に通院することで筋肉の硬直を予防することが理想ですが、時間的に余裕が無い人は、パソコン作業中の姿勢に気を付け、なるべく前のめりの状態が長く続かないように心がけましょう。

名古屋の整骨院は体の不調を取り除いてくれる効果が期待できます。そして、製造業が盛んな地域であるという特徴から多くの需要があります。