企業に危機意識を浸透させるには!?BCP対策の現状と課題

緊急マニュアルの作成の意義

BCPとは「Business continuity plan」の略語で、日本語では「事業継続計画」と呼ばれています。この概念が登場した背景には、昨今の自然災害の増加があり、非常事態に強い経営管理手法が注目されているいます。BCP対策を策定することで、自然災害などの非常事態が発生した場合に、被害を最小限に抑えることが期待されます。同時に、事業の継続や再開、そして万が一の事態に対処する準備が行われることになります。具体的には緊急時用のマニュアルを作成し、避難の仕方などを詳細に決めておくことが肝となるわけです。

平時の訓練で対応スキルを高める

災害発生時には人命救助が最優先になるので、非常時対応マニュアルで指針を明示することで、速やかな連絡が行われることになり、迅速な救助に繋げられると言えます。非常時対応マニュアルを作成する際には、安否確認の手順などについて決めておくことも大事で、連絡先一覧を始め、関連資料を揃えておく必要があります。さらに、停電などに備えて資料を紙媒体でも用意することが推奨されます。また、平時より避難訓練等を実施して、従業員の対応スキルを高めておく事も重要だと言えます。

トップの意識改革が必要

現在、BCP対策を義務付ける法律は存在しませんが、国や自治体レベルはBCPの策定が推奨されています。また、各方面でガイドラインの作成や支援事業の展開が図られており、民間レベルでも事業継続計画の動きが強まっています。但し、最終的な受け入れ判断は、個々の企業に委ねられており、さらなる啓蒙活動が必要だと言えます。何よりも、会社のトップのBCP意識を高めることが肝心で、周辺からアピールし続けることで、本丸を落とすことが期待されています。

BCP対策とは災害などが起こった際に、ビジネスを止めずに継続していくための計画を立てることを言います。停電や従業員が出社できないことに対する対策などを考えます。