デリケートなお悩み・コンプレックスには美容整形がオススメ

大陰唇脂肪注入法の概要やポイント

大陰唇脂肪注入法は、自分の体から取った脂肪を大陰唇に注入することで、ふっくらとした立体感のある大陰唇にすることができる方法です。

この方法は、自分の体内にある脂肪を使うので注入したときも異物反応が出ることがありません。そしてメスや糸なども必要としないので、患者の身体的な負担が軽いのもメリットです。施術時間も短く、麻酔も使わないのでダウンタイムも長くありません。

デメリットとしては、自分の脂肪であっても患部への定着が絶対ではないという点です。可能性としては高くても90%、低いと50%を下回ります。

費用は、およそ30万円前後ですが個人差があるのであくまでも目安として考えておきましょう。

ビビーブはどんな人に向いている?

ビビーブという整形手術は、膣部分の弛緩を治療するために使われる方法です。

元々は皮膚のたるみを治療するために使われる高周波機器を使って、膣組織の引き締めを狙います。組織の引き締めだけでなく、コラーゲンの密度も高める効果が得られます。

この方法の最大のメリットは、多くの人が1回の治療で効果を感じられるということと、メスや麻酔を使う必要がないという点です。

したがって、デリケートな部位にキズが出来る心配がないのでデリケートなお悩みを持っている人でも安心です。

しかし、この方法は妊娠の可能性がある方や妊娠中の方、さらに出産を終えて1年以内の方などには適用できません。

デメリットとしては効果が永久ではないため、効果を維持するためには定期的に施術を受ける事が出来る人でないとオススメできません。

女性器整形とは、女性器の形・色・大きさなどの悩みを解消しようとするものです。デリケートな問題ですが、十分なカウンセリングを経て行われます。